俊敏なスズメバチ|居座る厄介な鳩は効果的な対策法で対処しよう

居座る厄介な鳩は効果的な対策法で対処しよう

俊敏なスズメバチ

蜂

見つけたら業者に相談

キイロスズメバチは、田舎のみならず、都会にも多く生息するスズメバチの一種です。キイロスズメバチは、スズメバチ科の中でも大きさは小さな部類に入りますが、巣はとても大きいことで知られています。そのため、巣を作る初期段階で早期発見ができれば、駆除もスムーズに行うことができます。キイロスズメバチは、他のスズメバチと同様に、軒下や屋根裏に巣を作ることが多いです。最初は、女王蜂1匹で巣を作り始めるので、巣が大きくなるスピードはゆっくりです。巣を見つけても、自分で対処せず、業者に駆除の依頼をすることが最善の方法です。その際は、ハチ駆除専門の業者であることが望ましいです。理由はキイロスズメバチは、特に俊敏であるため駆除に慣れたプロに任せるのが賢明だと言えるからです。

エサの種類が豊富

キイロスズメバチの特徴は、体色が黄色の面積が広く、毛深いことです。また、雑食性であるため、毛虫、青虫、トンボ、セミ、オキアミなど幅広い生物をエサとします。巣を使う期間は1年のみですが、朽木や倒木の陰で成虫のまま越冬できる生命力の強いスズメバチです。特に女王蜂は、約3年生きると言われています。駆除は、ハチの動きが遅くなる夜間に行われることが多いです。方法は、大きな透明なビニール袋で巣全体をすっぽりと覆い、巣の根元を切断します。巣には約4000匹から10000匹もの幼虫やサナギが入っています。約5層から10層に分かれた幼虫の飼育部屋が、整然と並んでいます。幼虫やサナギは珍味として扱われており、甘辛く炊いて佃煮としていただけるほか、素揚げでもおいしく食べられます。