被害が多く発生しています|居座る厄介な鳩は効果的な対策法で対処しよう

居座る厄介な鳩は効果的な対策法で対処しよう

被害が多く発生しています

アライグマ

どのような被害があるのか

アライグマと聞くと、テレビなどの影響で見た目も性格もかわいい動物という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。しかし、実際にはかわいい見た目とは異なり、雑食性で凶暴な性格を持っているのです。アライグマの被害としては、飼育している鯉や農作物を食べられるといった被害と、自宅に侵入されてそこに住み着いてしまう被害があります。また、夜行性のために対策が難しいといった問題があります。鯉や農作物の被害については、アライグマ以外でもタヌキやキツネなどによる被害があるため、それらを含めた対策が必要です。簡易なネットだけでは簡単に破られてしまうため、より丈夫な侵入防止策を講じる必要があります。また、生ごみを放置しないなどの寄せ付けないための対策も効果的です。

自宅へも侵入する被害が

アライグマは、とても手先が器用なので簡単な柵や網を開けることができます。また、木登りが得意なので、屋根裏と外との仕切りが簡単な蓋や柵だけの場合にはいとも簡単に侵入されてしまいます。侵入されると、動き回る音や糞尿による被害に悩まされてしまいます。特に糞用被害は、家が傷んでしまうので深刻です。それでは、駆除は可能なのでしょうか。自治体によりますが、基本的に駆除は可能です。しかし、凶暴な性格なので、ご自分で簡単に駆除ができると思うとケガの原因になってしまいます。少し費用は必要ですが、専門の駆除業者へ依頼するのが安全です。ワナによる駆除にはある程度の期間を要するため、被害が大きくなる前に早めの対策を検討しましょう。